13 April, 2021

【適度な運動が妊娠にいい理由】 . つい最近ジョギングを始めました!理由は、ブヨブヨふくらはぎの筋肉を付けたいと思ったからです。患者さんの中で…


【適度な運動が妊娠にいい理由】
.
つい最近ジョギングを始めました!理由は、ブヨブヨふくらはぎの筋肉を付けたいと思ったからです。患者さんの中でもジョギングをしている方のふくらはぎは締まっていてしっかり筋肉が付いていて質の良い筋肉だなといつも感じます。
.
ジョギングは妊活にも良い運動です。なぜなら筋肉は血液循環に必須の存在だからです。女性は特に筋力が低下したり、筋肉量がもともと少ない方が多いので血液の循環がどうしても悪くなってしまいます。
特に現代人は歩くことが少なくなったことで下半身の筋力が低下しています。下半身の血流が悪くなれば当然腰回り(骨盤内)の血流も悪くなります。
.
【子宮・卵巣は骨盤内にあります】
妊娠に最も重要な臓器である生殖器官は骨盤内にあります。つまり下半身の血流が悪くなるということは子宮・卵巣と言った生殖器官の血流も悪くなるということになります。
.
【血流の大事な役割】
その血流の役割は大きく分けると
①酸素・栄養を各組織に届ける
②各組織で不要となった老廃物を運ぶ
という2点です。
つまり骨盤内の血流が悪くなると、骨盤内にある卵巣の血流が悪くなり、その卵巣内にある卵子に必要な栄養が届かず、卵子の正常な発育が阻害されてしまうことになります。
.
〈骨盤内の血流を良くしましょう!〉
こうならないようにするために必要なことはやはり運動です。
特に下半身中心の運動が必須となりますので、足腰を使った運動、まずはウォーキングなどから始めるのがいいと思います。
.
〈まずはウォーキングから始めよう!〉
ウォーキングの目安ですが、まずは1日30分くらいから始められるのがいいでしょう。
ポイントはただいつも通り歩くのではなく心拍数をいつもより上げることを意識してみてください。
年齢や普段からの体力にもよりますが、ハーバード大学の研究では1分100歩程度のペースを理想としています。
ある程度心肺機能に負荷をかけたほうがより妊娠の可能性を高めてくれるようです。
なのでウォーキングに慣れてきたらゼヒ【ジョギング】にチャレンジしましょう!!
.
【冷え性の改善】
〈冷えは妊娠の大敵、体を動かして体を温めよう!〉
妊活されている方の大半は手足かお腹か、その両方、または下半身は冷えるが上半身はのぼせる、などタイプは異なりますが 「冷え」を訴える人がとても多い傾向があります。
理由は様々ですが、その理由の一つとして運動不足も挙げられます。
なぜなら体の熱は主に筋肉で作られるからです。
筋肉量の多い男性の方が「冷え」を訴える人が少ないことからもわかりますよね。
よって冷え性の方は積極的に運動を取り入れましょう。
.
【体重をコントロールしよう】
体重コントロールは「実際の体重」「BMI」としてリアルな数値として現れるため、“妊娠しやすさ”の指標として大いに役立ちます。
特に 【BMIが20〜24】までは「妊娠最適ゾーン」と言われ、排卵障害による不妊のリスクが最も少ないと言われています。
痩せすぎも太りすぎも良くないので、自分の適正体重をまずは知ることから始めましょう!
.
運動不足の方はゼヒ普段の生活に運動を取り入れてみてくださいね!
気持ちいいですよ〜🏃‍♀️💨
.
以上須藤ななみでした!
.
#妊活#不妊#男性不妊#妊娠しやすい身体#妊娠体質#不妊カウンセラー#不妊専門鍼灸院#子宮内膜症#チョコレート嚢胞#冷え性#冷え改善#ホルモンバランス#自律神経#住吉鍼灸院#鍼灸#鍼灸院#東京#江東区#墨田区#住吉#錦糸町#妊活に運動#ジョギング#ウォーキング#筋肉#血流改善#BMI#オンライン相談#オンライン相談受付中



Source

Bir cevap yazın

E-posta hesabınız yayımlanmayacak. Gerekli alanlar * ile işaretlenmişlerdir